家庭用脱毛器の比較

家庭用脱毛器には大きくわけて、フラッシュ脱毛(IPL脱毛)とレーザーがあります。

大ヒットした商品ノーノーヘアーはサーミコンという全く別の方法です。
この方法はノーノーヘアーが特許を取得しているので、他には無いです。

さて、今回は家庭用脱毛器、それぞれの特徴と評判を纏めてみました。

評判や口コミは賛否両論で、脱毛に関しては本当に個人差があるとしか言えません。
サクラなんて言葉を聞いた事があると思いますが、そういう同業者の口コミもあるでしょう。

当サイトのポリシーとしては、本当にいいな。と思ったものは良いと言う。
ただ、これは、、ちょっと、、、。と思うものは少し悪口ではないですが、辛口になってレビューをしてしまいます。
気分を害された方はごめんなさい。

ただ、私が「あんまり効果が無かった、、、。」と言っても参考程度に考えていただければと思っています。
どんな商品にも必ず、良かった所と悪いな~。と思う事がありますからね。

家庭用のフラッシュ脱毛器

ケノン

  • ケノン値段:約7万円前後
    割引やキャンペーンがある場合があるので、詳しくはホームページをご覧ください。
  • 美顔機能:有り
  • 照射面積:3.7cm×2.5cmと2.5cm×1.5cmなど顔周りの細かい部分のカートリッジがある。
  • ジェル:不要
  • 脱毛出来る部分:全身

一番おすすめの脱毛器です。

1回の照射料金が安く、最大で40,000発できるから。
わき毛脱毛完了約64発してもわずか、9円ちょっとです。

家庭用脱毛器でもっとも人気が高い商品です。
見た目がコンパクトで可愛いだけでなく、使い心地もバツグン。

脱毛の強さは10段階で選べます。
顔やVラインも使用可能。男性のヒゲも脱毛OK。
多少痛みもありますが、効果は回数を重ねれば毛は薄くなります。

もっと詳しい口コミや評判、使用してみた感想、商品のスペック(照射回数やワンショットいくら?など)見たい方は下記の「詳しく見てみる。」をご覧ください。

ケノンの評判や口コミを詳しくみてみる。

 イーモリジュ

イーモリジュはケノンの前に発売されていた、美顔器とフラッシュ脱毛器がセットの商品です。
ただ、ケノンの方が最新式で機能性も良いので、わざわざ昔のタイプのを買う必要が無いと思いますが、、、
私なら買いません。

Panasonic 光美容器 光エステ

この脱毛器はトリマー部分があるので、シェービングする事も可能です。
脱毛前はシェービングするのが当たり前ですが、「あっ!剃り忘れた、、、。」とお風呂にリターンする面倒はありません。

ただ体用ですので、顔は使えません。また、太ももの付け根などデリケートな部分にも使用できません
だからほかの商品と比べて安いのですね。強さも選べません。

家庭用のレーザー脱毛器とその他

トリア

  • 値段:50,000円以内。※キャンペーンや店舗によって値段が違う場合もあります。
  • 美顔機能:無し
  • 照射面積:1cm×1cm
  • ジェル:不要
  • 脱毛出来る部分:鼻から下

家庭用のレーザー脱毛器です。
クリニックでも使用されているダイオードレーザーを家庭用に。

音が煩いのが気になりましたが、脱毛効果は早い方だと感じました。
1回で照射できる範囲が狭いのが、少し気になりますが、、、

公式サイトを詳しくみてみる

ノーノーヘアー

  • 値段:¥3,000円前後
  • 美顔機能:無し
  • 照射面積:滑らせる方式ですので、照射面積は無し。
  • ジェル:不要
  • 脱毛出来る部分:種類によっては全身

日本で一番売れている脱毛器とありますが、今もなんでしょうか?
たしかにフラッシュ脱毛と異なり、その場で毛が無くなるのは良いのですが、少し赤みが出てヒリヒリするのが気になりました、、、
毛が薄くなるのは、、何年後?

もっと詳しい口コミや評判、使用してみた感想、商品のスペック(照射回数やワンショットいくら?など)見たい方は下記の「詳しく見てみる。」をご覧ください。

評判や口コミを詳しくみてみる。

脱毛される仕組みについて。

フラッシュ脱毛器(IPL脱毛)

フラッシュ脱毛の仕組みはメラニン(黒い組織)に反応する光を当てる脱毛方法。
光が熱へと変わり、毛の奥の細胞 毛乳頭へ伝え、毛を除所に弱らせる方法です。

1回脱毛しただけでは効果はありません。2回3回と繰り返すことで、徐々に毛が弱くなっていく仕組み。
いきなり毛が無くなったりはしないので、毛質を柔らかくしたい。 という方にもおすすめの脱毛方法です。

家庭用フラッシュ脱毛の注意点

家庭用とはいえ、光の威力は強く、裸眼で脱毛を行うのは危険です。
かならず付属のゴーグルをしながら脱毛をしましょう。

家庭用脱毛器は威力が選べます。
いきなり強い威力で脱毛するのは危険ですので、弱い威力から脱毛するのをおすすめします。
肌が弱いと火傷してしまいます。

脱毛が終わったら保冷剤で冷やすと綺麗に脱毛できます。

痛みを人よりも感じやすい方は、脱毛前に保冷剤で冷やすと痛みが和らぎます。

威力のレベルですが、毛が黒く質が濃い方はレベルは弱い~中くらいで良いと思います。
腕や脚など毛質が薄い方はレベルを上げないと、効果が出にくいです。

私が、使用していて思った注意点はこのくらいです。
けっこうヒリヒリしたり、毛が焦げたりするので、脱毛前はしっかりシェービングをる事をおすすめします。

レーザー脱毛

レーザー脱毛はフラッシュ脱毛と同様の仕組みです。
メラニンに反応させて毛を弱らせる仕組みです。
威力はフラッシュ脱毛よりも強く、効果を感じやすいのが特徴ですが、痛みや熱さも同時に感じやすいかもしれません。

また、医療機関でしか扱えないのもレーザーの特徴なんですが、家庭用のレーザー脱毛機では唯一トリアさんが特許を取り販売しているそうです。

安全性が確認されていて、家庭で使っても安心。

家庭用レーザー脱毛器の注意点

今のところ一種類しか試していませんが、音が煩いので夜中の脱毛は控えた方が良いと思います。
(現在新しい商品が出ていて音が少し小さくなっていました。)

痛みはあまり無いのですが、ヒリヒリすることがあります。こういった場合は保冷剤などで冷やすことをおすすめします。
あと、照射する範囲が狭いので、腕や脚の脱毛は時間がかかりますが、小回りがきき、指の毛なども照射しやすい。

サーミコン

これは、熱で毛をカットする方法でノーノーヘアーという脱毛器を販売しているヤーマンとい会社が開発し特許を取得しています。

熱でカットするため毛先が丸くなり、チクチクしない!
また、熱が毛の奥えと伝わるので使い続けると、毛が細くなる!

という脱毛器です。
値段も安く、中学生でも頑張れば買えてしまう。

肌に直接あたらないので、肌を痛めない!のが売りです。
他の脱毛器は毛はカットしてくれませんが、ノーノーヘアーは毛をカットしつつ、根本的な脱毛効果もありますよ。
といった商品です。

注意点

使用していて、焦げ臭い、、、。
と思いましたが、これは故障ではなく、毛が焼けた臭いでした。

また、Vラインやわき毛も使用できる。
との事でしたが、期待しない方がいいですね。笑

Pocket